• s-ikuseikai

~障がいのある兄弟について~「弟と家族について」

執筆者:Yさん・姉・20歳代 ご本人:ダウン症・10歳代・男性

私の弟はダウン症です。ふりかえると私は自分が小学生の頃、よく弟の障害に対して考えていたと思います。


弟が障がいを持っていることに対して、「恥ずかしい」という思いも確かにありましたが、私立中学へ進学してからは周囲に家族を紹介したりすることはなく、弟は弟だと考えるようになりました。また、私は弟が障がい者であること以上に、私は弟に対する両親の接し方への不満の方が大きかったです。障がいがあるから普通の人よりも優しくするという考えは確かに大切です。ですが、弟のやることすべてを取り上げて代わりにしてあげることや、すべてを弟に合わせることは、子供心ながらそれは優しさではないと思っていました。 人間は誰であれ、内外ともに成長する生き物です。失敗経験から多くのことを学んで身につけます。それは障がいがある弟も同じです。やり方を教えて時間がかかってもできるようにしてあげることで成長していきます。

私が中学生の時、両親は私に「弟に対して厳しすぎるのではないか」と時々言いました。ですが、甘やかして何もできないままである方が、私はとても可哀想だと考えます。甘やかさずに挑戦させて出来ることがひとつ増える。これは障がいの有無に関係なく、すべての子育てにおいて大切なことではないでしょうか。家族の成長を喜ばないで、どうして家族といえるのでしょうか。

私の弟はとてものんびりとしていて穏やかな性格です。ですが、教えればゆっくりと学び成長しています。時々駄々をこねることもありますが、やる気を出せばなんでも出来る弟です。そんな弟の持つ可能性を、『ちょっと厳しい姉』の私はいつも信じています。

静岡市静岡手をつなぐ育成会

〒420-0854 静岡市葵区城内町1-1 静岡市中央福祉センター内2F

FAX : 054-269-5034

©静岡市静岡手をつなぐ育成会

育成会ハートマーク-文字無-白.png